DVの慰謝料

DVDVというのはよく話題になっています。身体的な暴力を受けたり、あるいは精神的に傷つけられたりすることがDVです。このDVが酷くて離婚をする場合は当然慰謝料を請求することができます。

この場合の慰謝料の相場としては50万円から300万円程度とされています。慰謝料の請求が可能となるケースは配偶者の行動によって自身やあるいは子供が苦痛を受けたことが認められる場合です。

慰謝料が高額となるのはさまざまな要素が関係しています。DVの期間が長かったり、回数が多いのであれば、それだけ苦痛が大きいということになり慰謝料も高額となるでしょう。被害者に落ち度がないことも大切です。もし落ち度があると認められてしまうと慰謝料の額は減額されてしまうでしょう。DVの被害によってどの程度の怪我や障害を受けたのかも大切です。たとえばDVによってうつ病になってしまったようなケースでは高額の慰謝料を請求可能でしょう。

DVを証明するための証拠が必要となります。たとえば診断書は有効となります。怪我をしたならば、その写真を撮っておくことも大切でしょう。メモで日時や状況などを克明に記録しておくことも重要です。親や知人に相談をしたならば、その証言も有効な証拠となるでしょう。