浮気の慰謝料

もし配偶者が浮気をしていたと発覚すれば慰謝料を請求することができます。こちらの相場は非常に幅広いです。それぞれのケースによって慰謝料の額はかなり異なるからです。100万円にも満たないこともあれば、500万円以上もの慰謝料を請求できたというケースもあります

ただし、配偶者が不倫や浮気をしていたとしても、絶対に慰謝料を請求できるというわけではありません。特定の条件を満たしている必要があるのです。まず、浮気や不倫をした相手に故意や過失があることが認められなければいけません。そして、そのような不貞行為をされたことによって、自分が権利の侵害を受けたことが必要となります。他にもさまざまな条件があるのですが、基本となるのは上記の2点です。

気持ちが通ってないたとえば夫婦仲が悪くてすでに夫婦生活が破綻していたような場合は、不倫や浮気をしたとしてもそれは正当なことであると認められるでしょう。別居していた場合は、すでに婚姻関係は破綻していると判断される可能性があります。

また、慰謝料請求には時効があるため注意しましょう。浮気や不倫の事実があると知ってから3年を過ぎると時効が成立してしまうため注意してください。不貞行為があることが分かったならば、すぐに慰謝料請求の準備をするべきでしょう。続いては、セックスレスについて説明します。

【関連サイト】慰謝料請求の相談を行っている弁護士法人アディーレ