セックスレスの慰謝料

セックスレスセックスレスによって離婚するケースがあります。この場合も慰謝料請求ができることがあります。本来、夫婦というのはセックスをするものです。もし1年以上セックスレスとなってしまったならば、精神的な苦痛を受けていると判断されるのです。このような根拠から慰謝料が発生します

セックスレスによる慰謝料としては100万円ほどが相場となっています。ただし、それぞれの状況によって金額は変動します。それではどのような状況では高額の慰謝料を請求できるのでしょうか。たとえば夫がEDであり、そもそもセックスできない状況の場合には慰謝料は請求できないでしょう。これは大前提となります。慰謝料が高額になる条件として、まず請求する側の事情があります。請求する側が収入が少なかったり、年齢が高かったり、初婚の場合は慰謝料は高額になりやすいです。

請求される側の事情も考慮されます。資産を多く持っていたり、年齢が高かったり、性行為をしようとする努力が見られなかった場合には慰謝料は高額になりやすいでしょう。その他の事情としては、子供がいたり、婚姻期間が長かったり、財産分与の額が低い場合にも慰謝料は高額となりやすいです。いずれにしてもきちんと証拠を揃えることが大切です。たとえば日記は有効です。最後にDVについて説明します。