DVの慰謝料

DVDVというのはよく話題になっています。身体的な暴力を受けたり、あるいは精神的に傷つけられたりすることがDVです。このDVが酷くて離婚をする場合は当然慰謝料を請求することができます。

この場合の慰謝料の相場としては50万円から300万円程度とされています。慰謝料の請求が可能となるケースは配偶者の行動によって自身やあるいは子供が苦痛を受けたことが認められる場合です。

慰謝料が高額となるのはさまざまな要素が関係しています。DVの期間が長かったり、回数が多いのであれば、それだけ苦痛が大きいということになり慰謝料も高額となるでしょう。被害者に落ち度がないことも大切です。もし落ち度があると認められてしまうと慰謝料の額は減額されてしまうでしょう。DVの被害によってどの程度の怪我や障害を受けたのかも大切です。たとえばDVによってうつ病になってしまったようなケースでは高額の慰謝料を請求可能でしょう。

DVを証明するための証拠が必要となります。たとえば診断書は有効となります。怪我をしたならば、その写真を撮っておくことも大切でしょう。メモで日時や状況などを克明に記録しておくことも重要です。親や知人に相談をしたならば、その証言も有効な証拠となるでしょう。


セックスレスの慰謝料

セックスレスセックスレスによって離婚するケースがあります。この場合も慰謝料請求ができることがあります。本来、夫婦というのはセックスをするものです。もし1年以上セックスレスとなってしまったならば、精神的な苦痛を受けていると判断されるのです。このような根拠から慰謝料が発生します

セックスレスによる慰謝料としては100万円ほどが相場となっています。ただし、それぞれの状況によって金額は変動します。それではどのような状況では高額の慰謝料を請求できるのでしょうか。たとえば夫がEDであり、そもそもセックスできない状況の場合には慰謝料は請求できないでしょう。これは大前提となります。慰謝料が高額になる条件として、まず請求する側の事情があります。請求する側が収入が少なかったり、年齢が高かったり、初婚の場合は慰謝料は高額になりやすいです。

請求される側の事情も考慮されます。資産を多く持っていたり、年齢が高かったり、性行為をしようとする努力が見られなかった場合には慰謝料は高額になりやすいでしょう。その他の事情としては、子供がいたり、婚姻期間が長かったり、財産分与の額が低い場合にも慰謝料は高額となりやすいです。いずれにしてもきちんと証拠を揃えることが大切です。たとえば日記は有効です。最後にDVについて説明します。


浮気の慰謝料

もし配偶者が浮気をしていたと発覚すれば慰謝料を請求することができます。こちらの相場は非常に幅広いです。それぞれのケースによって慰謝料の額はかなり異なるからです。100万円にも満たないこともあれば、500万円以上もの慰謝料を請求できたというケースもあります

ただし、配偶者が不倫や浮気をしていたとしても、絶対に慰謝料を請求できるというわけではありません。特定の条件を満たしている必要があるのです。まず、浮気や不倫をした相手に故意や過失があることが認められなければいけません。そして、そのような不貞行為をされたことによって、自分が権利の侵害を受けたことが必要となります。他にもさまざまな条件があるのですが、基本となるのは上記の2点です。

気持ちが通ってないたとえば夫婦仲が悪くてすでに夫婦生活が破綻していたような場合は、不倫や浮気をしたとしてもそれは正当なことであると認められるでしょう。別居していた場合は、すでに婚姻関係は破綻していると判断される可能性があります。

また、慰謝料請求には時効があるため注意しましょう。浮気や不倫の事実があると知ってから3年を過ぎると時効が成立してしまうため注意してください。不貞行為があることが分かったならば、すぐに慰謝料請求の準備をするべきでしょう。続いては、セックスレスについて説明します。

【関連サイト】慰謝料請求の相談を行っている弁護士法人アディーレ


夫婦間の慰謝料

夫婦というのは結婚をしてから数十年間ずっと一緒に生活をしていくことになります。その間にはさまざまな問題が起きてしまうこともあるでしょう。そのような問題の中には離婚の危機に陥ってしまうようなものもあります。その場合には慰謝料を請求するケースもあるでしょう。たとえば不倫や浮気されたことに対して慰謝料を請求するのはよくあることです。

お金慰謝料というのは精神的な苦痛に対して請求するものです。その苦痛に見合うだけのお金をもらい穴埋めをするという方法です。これは法律によってきちんと認められている権利であり、実際に多くの方が慰謝料を請求してお金を受け取っているのです。当事者間で話し合いをして慰謝料の額を決めることになります。その際には弁護士も関わることになるでしょう。もし話し合いでも決まらない場合には訴訟を起こすことになります。そうなれば裁判所の判断によって慰謝料の額が決定されることになるのです。

それでは夫婦間における慰謝料にはどのようなものが存在しているのでしょうか。浮気や不倫などの慰謝料以外にもさまざまな慰謝料が存在しているのですいろいろなケースで精神的な苦痛を受けるケースはあります。そんなときには相手方に対して慰謝料を請求するのです。こちらではどのような慰謝料があるのかを紹介しましょう。それらを知識として知っておくことによって、万が一当事者となったときには慰謝料をすぐに請求できるでしょう。参考にしてください。